お子さまの歯は、
一番身近な親御様が守ってあげましょう

「子どもの歯を虫歯にさせたくない……」というのは、すべての親御様に共通する気持ちでしょう。しかし、子どもの歯は大人の歯に比べて歯質がやわらかいため、虫歯になりやすいうえに一度かかると進行も早いという特徴があります。しかも、小さいお子さまは自分で自分の歯をしっかりケアすることができません。お子さまの歯を守ってあげられるのは、親御様しかいないのです。

こちらでは、青葉区市ケ尾の歯医者「ファミリア歯科」が、お子さまのお口を健康に保つために大切なことについてご説明します。お子さまのときのお口のケア習慣は、一生のお口の健康を左右するものです。親御様が常に気にかけてあげて、大切な歯を虫歯から守りましょう。

Device

infection虫歯はお父様・お母様から感染します

Device

生まれてすぐの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。つまり、そのままであれば子どもは虫歯にならないのです。しかし、実際は虫歯で困っているお子さまが多くいます。では、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか? 実は、虫歯菌は唾液などを介して赤ちゃんにうつることが分かっています。毎日赤ちゃんのお世話をしているお父様やお母様のお口から、虫歯菌がうつってしまっているのです。

細菌やウイルスなどの微生物が親御様から赤ちゃんに感染することを「母子感染」といい、コップやおはし、お皿などを共有したり、スキンシップでお口にキスをしたりすることで起こります。虫歯菌の感染を防ぐには、「コップやおはしを分ける」「食べかけのものは与えない」といった注意が必要です。また、お父様やお母様がきちんとお口のケアをしたり歯科治療を受けたりしておき、お口の中から常に虫歯菌を減らしておく努力も大切です。


point子どもを虫歯にさせないためのポイント

Device

歯が生えたら歯医者へ

生後6ヶ月頃になると、はじめての歯(乳歯)が生えてきます。歯が生えれば、虫歯になる可能性があります。はじめての歯科通院は、このタイミングが目安です。

Device

おやつの時間を決める

だらだらと食べ続けていると、お口の中は虫歯になりやすい環境がつくられてしまいます。おやつは時間を決めて与えましょう。

Device

糖分の多いおやつは控え目に

糖分は虫歯菌のエサになります。アメやガム、キャラメル、チョコレートなどの糖分の多いおやつは控え目にし、できればキシリトール入りのものを選びましょう。

Device

食後にはブラッシングを

ごはんやおやつを食べた後には、ブラッシングでお口をきれいにする習慣を身につけましょう。無理なときには、口をゆすぐだけでもするといいでしょう。

Device

母子感染に注意

お子さまのお口に虫歯菌をうつしてしまう原因の大半は、一番身近な親御様です。食器の共有などによる母子感染を防ぎましょう。


menu子どもの歯を守るための処置メニュー

Device

ブラッシング指導

お子さまのお口の中は、成長段階によって目まぐるしく変化するため、ブラッシングはそのときそのときに合った方法で行うことが大切です。当院では、月齢・年齢や検査の結果などに応じて、歯科衛生士が正しいみがき方を指導しています。親御様には、仕上げみがきのコツをお教えしますので、ぜひご自宅で実践してみてください。

Device

フッ素塗布

虫歯になりやすい乳歯や生えたての永久歯の歯質を強くし、虫歯への抵抗力を高める効果を持つ「フッ素」を歯の表面に塗布する処置です。定期的にフッ素塗布の処置を受けることで、虫歯の予防効果が高まります。


care妊娠中のケアについて

女性は妊娠すると、つわりが始まったりホルモンバランスが変化したりすることによって、お口の環境が著しく悪化します。そのため、虫歯や歯周病になりやすくなるのです。 とくに妊娠中の歯周病は、お腹の中の赤ちゃんにも悪影響を与えることがわかっています。お母様の歯を守ることはもちろん、生まれてくる赤ちゃんの健康のためにも、妊娠中にはいつも以上にお口のケアに注意し、体調が安定したタイミングで一度歯科検診を受けることをおすすめします。

Device

timing妊娠中の治療のタイミング

「妊娠中には歯科治療を受けられない」と思っていませんか? そんなことはありません。むしろ、時期を選んで積極的に受けていただいたほうがよいのです。

妊娠初期
1~4ヶ月ころ

切迫流産の危険性が高い時期です。「強い歯の痛みがある」といった緊急の場合を除き、この時期の歯科治療は控えたほうがよいでしょう。

妊娠中期
5~8ヶ月ころ

安定期に入り、つわりもおさまります。歯科治療を受けるには、この時期が適しています。特に症状がなくても、診療を受けておきましょう。

妊娠後期
9ヶ月ころ~

お腹が大きくなり、診療台に横たわるのも辛くなります。いつ陣痛が起きてもおかしくない時期になるため、治療はできるだけ避けましょう。

妊娠性歯周炎の危険性

妊娠中の歯周病は「妊娠性歯周炎」と呼ばれ、さまざまなトラブルを招くことがわかっています。特に問題となるのが、早産や低体重児出産を招くリスクの上昇です。妊娠性歯周炎を発症すると歯周病菌が血管に入り込んでサイトカインという物質を出し、それによって子宮の収縮が促進。陣痛に似た筋肉収縮が起こってしまうのです。

早産や低体重児出産は高齢出産やアルコール摂取などによっても起こり得ますが、妊娠性歯周炎の場合はそれらよりも発症リスクが高く、約7倍になるとされています。「たかが歯ぐきの腫れ」では済まされない、妊娠性歯周炎。その危険性をしっかり理解し、適切なケアを心がけましょう。

Device

私たちと一緒に働きませんか?