「ファミリア歯科」が
よくあるご質問にお答えします

横浜市青葉区市ケ尾の歯医者「ファミリア歯科」には、お口の健康や歯科診療についてたくさんの質問が寄せられています。こちらでは、「子どもはいつ歯医者に連れていけばいい?」「乳歯は虫歯になりやすい?」「妊娠中に歯科治療はできるの?」など、小児歯科やマタニティ歯科についてよくある質問とその回答をご紹介します。こちらにない疑問をお持ちの方は、当院までお気軽にご相談ください。

Device

当院ではお子様をはじめて歯医者にお連れいただくタイミングを、「乳歯が生えはじめる6ヶ月頃に」とお話ししています。歯が生えれば、そこからもう虫歯になる可能性があるためです。また、乳歯が生えそろう1歳半~3歳頃、さらにはじめての永久歯「6歳臼歯」が生える6歳頃も、お口のチェックをするのに適した時期だといえます。これらの時期をポイントとし、虫歯はもちろん、歯並びや咬み合わせのチェックも定期的に受けるようにしましょう。

子どもの虫歯には、生活習慣が大きく関わっています。「だらだら食べをやめ、食べる時間を決めてあげる」「糖分の多いおやつは控え目にする」「食後にはブラッシングをする(または口をゆすぐ)」などを習慣づけてあげることで、虫歯リスクは抑えることができます。

>>「子どもを虫歯にさせないためのポイント」についてくわしくはこちら

歯並びが悪くなる原因には遺伝などの先天的要素もありますが、日ごろの何気ないクセや習慣といった後天的要素も影響を与えることがわかっています。「指しゃぶりをする」「唇を咬む」「舌を出す」「口呼吸する」「頬杖をつく」「うつぶせ寝をする」などが挙げられます。こういったクセや習慣がある場合には、できるだけ早く直してあげましょう。

乳歯は永久歯に比べてエナメル質が薄いうえ、歯質がやわらかいので、虫歯菌がつくり出す酸によって溶けやすいという特徴があります。そのため虫歯になりやすく、また一度なると進行も早いので注意が必要です。自分では見えにくい歯と歯の間などで虫歯が大きく広がってしまうことなどもあるため、日ごろから定期検診を受けて早く治療を受けることが大切です。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口には、虫歯菌は存在しません。しかし、身近にいるお父様やお母様のお口から虫歯菌がうつってしまうことで、お子様のお口に虫歯菌が定着してしまうのです。これを「母子感染」といいます。母子感染は、コップやおはしの共有、またキスなどのスキンシップで起こることがわかっています。お子様を虫歯にさせないためには、食器をきっちり使い分けるほか、身近な大人が歯科治療をきちんと受け、お口の中から虫歯菌を減らしておくことが大切です。

妊娠中には歯科治療を受けられないと思われている方も少なくありませんが、実際には可能です。特に妊娠中はお口の環境が悪化しやすいため、痛みなどの症状がなくても一度歯科医院で検診を受けたほうがよいでしょう。治療は、つわりがおさまり安定期に入る5~9ヶ月ころに受けるのがおすすめです。
>>「妊娠中の治療のタイミング」についてくわしくはこちら

歯科医院で行う口腔レントゲン撮影は、お腹から離れている口元を対象とするため、問題ないとされています。また撮影の際にはX線を遮断する専用のエプロンを着けていただきますので、より安全性が高まるといえます。ご安心ください。

妊娠中には薬の服用はできるだけ控えるべきとされていますが、産婦人科医の見解から安全性が高いと認められている薬もあります。当院では安全性を十分に確認したうえで、必要最小限の薬を処方しています。

妊娠する前から定期検診に通い、予防のための専門的なケアを受けておくことが理想的です。また妊娠してからはつわりでつらいとは思いますが、ブラッシングを頑張って続け、安定期に入ったら一度検診を受けるようにしてください。つわりがきついときには、歯みがき粉をつけずにブラッシングしてもかまいません。歯ブラシを口に入れるのもつらい……というときには、食後に水や緑茶でうがいするだけでも頑張ってみましょう。

歯科治療で行う麻酔は、全身麻酔ではなく基本的に局所麻酔です。そのためお腹の中の赤ちゃんに影響を与える心配はないといわれています。しかし、できれば「妊娠中に麻酔が必要になる状況」にならないほうがいいに決まっています。日ごろからお口のケアを心がけるとともに定期検診に通い、お口を健康に保っていきましょう。


私たちと一緒に働きませんか?