虫歯・神経の治療

できる限り歯を削らない・神経を抜かない理由

虫歯が進行して、歯の神経まで及ぶと、耐えきれないほどの痛みを生じることがあります。そんな場合は、どのような処置が適切なのでしょうか。「歯の神経を抜く」という言葉を耳にしたことがある方も多いかと思いますが、歯の神経は抜いても身体や歯に悪影響はないのでしょうか。

当院では、できる限り歯を削らない、神経を抜かない、健康な歯を残す治療にこだわっております。このページでは、その理由と歯の神経守る方法についてご説明したいと思います。

歯の神経とは

歯の神経とは、歯の中心部に通っている「歯髄」のことです。虫歯の最も初期の段階は、エナメル質の表面が少しだけ溶かされた状態です。エナメル質には神経がないので痛みを感じることはありません。

図:歯と歯周組織の構造

図:歯と歯周組織の構造

象牙質の表層でも、痛みを感じることは少ないですが、虫歯が歯髄近くまで進行すると、しみるような症状が出てきます。象牙質はエナメル質より柔らかく傷つきやすいです。

損傷がさらに内側の歯髄にまで及ぶと、激烈で耐え難いほどの痛みを生じることになるのです。

神経の役割

歯の神経には、神経以外にも動脈や静脈といった血管も流れています。歯に栄養や酸素を運んだり、老廃物を排出したりします。私たちの歯には、神経があることで、血液が循環し、栄養を摂ることができるため、健康な歯を維持することができるのです。

図:歯の神経の役割

図:歯の神経の役割

また、神経は、私たちを虫歯から守る働きをします。神経があることで私たちは、歯の痛みを感じて虫歯に気が付くことができます。

神経を抜いてしまうことで、栄養が行きわたらないことで、歯がもろくなります。そして血液が循環しないことで、歯は変色します。つまり、辛い痛みから解放されたとしても、皆様の歯の寿命を縮めてしまう可能性があるのです。

一度、抜いてしまった神経がもとに戻ることはありません。神経を抜く前に、最適な治療法を歯科医師とよく相談してほしいと思っています。

神経を抜かなければならないケース

歯科医師は、歯に神経が存在することのメリットを十分に理解しているため、虫歯であっても、できる限り歯の神経を温存しようと考えます。しかし、虫歯の状況によって、次のような場合は、どうしても抜かなければならなくなってしまいます。

まず第一に、何もしていないのに歯が痛む、歯を噛み合わせただけで痛むなど、とにかく痛みが取れない場合です。痛みの感じかたは人それぞれですし、痛みの原因も異なりますが、基本的には虫歯がかなり進行し、神経の近くまで達していると、激しい痛みを感じます。

この段階まで虫歯が進行してしまうと、虫歯部分を削って詰めるという治療では、歯の痛みをとり除くことが難しくなります。そのため、歯の神経を抜いて痛みを感じなくする治療を行なう選択肢が出てきます。

その他にも、虫歯治療の繰り返しで、何度も歯を削っている場合、歯が薄くなっています。その場合は、歯の神経と外界までの距離が近くなり、痛みが増していることがあります。

虫歯がなくても、歯周病の治療や、ブリッジ、インプラントなどの被せものを装着するなどの目的に、神経を抜く、歯を抜くなどの選択をすることもあります。

図:歯を失うサイクル

治療の繰り返しで、歯を失ってしまう

図:歯を失うサイクル

いずれにしても、虫歯もしくは歯周病などが進行した場合に、歯の神経を抜くという選択肢が出てきます。虫歯も歯周病も予防できる病気ですから、こういった状況になる前に、予防に努めてほしいと思います。

また、激痛を感じる前に、「痛いかなぁ」「しみる」といった、少しの違和感を感じた際は、早めに歯科医師へご相談いただくことをおすすめします。

歯の神経抜いた後の歯の寿命は

歯の神経を失った歯は、その後歯を失う、つまり抜歯となるケースが非常に高くなります。数十年と持つ方もいますが、中には数年で抜歯となってしまう方もいます。

前述しましたが、神経を抜いてしまうことで、歯に栄養が行きわたらないことで、歯がもろくなります。歯がもろいため、歯が折れる可能性が高くなっているのです。反対に言うと、歯の神経を残すことで、ご自身の歯の寿命が延びる可能性が高まるということです。

歯の神経を残す努力、歯を健康な状態に保ち続ける努力をすることで、食生活が楽しめたり、年齢を重ねたときに入れ歯を入れる必要性がなくなったりと、皆様の人生においてたくさんのメリットをもたらすことと思います。ぜひ、頑張ってほしいです。

神経を残すためにできること

歯の神経を残すためには、毎日の歯磨きや、歯科医師へ早めに相談することなど、大切なことはたくさんありますが、歯科医師の立場からお話すると、定期検診がとても有効と考えています。

虫歯の痛みの程度は、人によってさまざまです。初期の段階から痛みを感じる方もいれば、神経を抜かなければならない状況になって初めて痛みをかじる方もいます。見た目で分かるものではありません。また、人は年々虫歯リスクは上がっていきます。

定期的に歯科検診を受けて、正しい知識を身に付けて予防に取り組んでほしいと思います。