セラミック治療

セラミック治療について

虫歯治療で入れた銀歯や欠けた前歯の見た目でお悩みはありませんか?こうした歯の見た目に関するお悩みは、セラミック治療で解消することができます。

本ページでは、白い詰め物・被せ物へと歯を修復できるセラミック治療についてご説明いたします。当院では、見た目の美しさはもちろん、咬み合わせなどの機能性も十分にふまえたセラミック治療を行っています。ぜひご参考いただき、ご希望の方は診療の際ご相談ください。

セラミック治療とは

虫歯治療では、歯を削った後に詰め物・被せ物を入れます。セラミック治療では、この詰め物・被せ物に、セラミックの素材を用いて、治療した箇所を補います。

そのため、銀歯ではなく白い自然な歯に仕上げることができます。セラミック素材には、白い歯に仕上がるという特徴以外にも、素材が長持ちする、虫歯の再発が少ないなどのメリットがあります。このセラミック治療は、保険診療ではなく保険適用外になるケースが一般的です。

保険診療と自費診療の違い

保険診療と自費診療の違いについて、まとめると次の通りです。

保険診療 自費診療
特徴 誰もが平等に受けられることを重視した診療。保険適用のため、自己負担が少ない。 治療法や素材に制限がなく、受けたい治療を選択できる。保険適用されないため、全額自己負担となる。
目的 最低限の機能回復 快適な状態に回復させること
素材 素材や治療法に制限がある 素材や治療法に制限がない
メリット 費用の負担を少なくできる 美しさや使い心地などを、好きなだけ追求できる
デメリット 見た目や機能性を追求できない。長期維持が難しいため、再治療で追加の費用が必要になることもある。 全額自己負担のため、治療費が高額になるものもある

上記で示すように、保険が良い、自費が良い、ということではございません。被せ物の場合、保険診療では、使用できる素材や治療法に限りがあります。そのため、新しい治療法や素材、高度な技術を使えないことが多いです。しかし、自由診療の場合は、制限がほとんどありません。

上歯に虫歯がある場合、今の虫歯をこれ以上悪化させないために、歯科治療はもちろん必要です。しかし、その虫歯治療は、虫歯になる前の歯の状態に戻ったということではありません。治療によって、歯の痛みが取れたり、食べ物が噛みやすくなりますが、歯を削って詰め物や被せ物をする修復治療をした場合には、境目や段差に汚れがたまりやすくなります。つまり、再び虫歯になるリスクが高まっているのも現実です。

このような現実を踏まえ、歯の被せ物などの歯科治療を選択する際には、歯科医師と良く相談して、「今後の再発リスクを減らす」ということも視野に入れ、治療法を選んでほしいと思っております。

歯科医師としては、数多くの治療方法や、素材の中から、皆さまに合うものをご提案することができます。保険診療から自由診療まで、さまざまな選択肢の中から、虫歯リスク・再発リスクの低い治療法を厳選することが求められると考えています。

銀歯のリスク

  • 予防処置によって虫歯や歯周病の発症を防ぎ、お口の健康を維持することができます。
  • 経年によって金属がイオン化して溶け出すと、歯ぐきに影響して黒ずませてしまうことがあります。
  • 金属イオンが体内に取り込まれると、金属アレルギーを引き起こす原因になることがあります。
  • 銀歯にした歯にはプラークが溜まりやすくなるので、虫歯や歯周病を招くリスクが高まります。

何気なく「とりあえず保険診療で」と思っている方もいらっしゃるようですが、各素材のメリット・デメリットを知っていただき治療法を選んでいただくことは、お口の中をより健康な状態へ維持することにつながります。

白い歯の詰め物・被せ物

お口の中というデリケートな場所に入れる詰め物・被せ物だからこそ、当院では補綴物の精密さにこだわっています。白い歯に仕上げるときに使用する主なセラミック素材には、次のものがあります。さらに質の高いものを求められる患者様には個別に対応させていただくことも可能です。お気軽にご相談ください。

オールセラミック

セラミックのみでつくられた素材です。詰め物にも被せ物にもなります。自然な白さと透明感を再現でき、長期的に使用しても摩耗や変色を起こしにくいのが特長です。金属アレルギーの心配もありません。

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)をかけ合わせた素材です。詰め物や被せ物に使用します。見た目の美しさはオールセラミックに劣りますが、適度な軟性を持ち、咬み合う歯を傷めない点がメリットです。もちろん、金属アレルギーの心配もありません。

ジルコニアセラミック

セラミックの中でももっとも美しいとされ、人工ダイヤモンドにも使われる素材です。詰め物・被せ物として使用

メタルボンド

金属フレームの表面にセラミックを焼きつけた被せ物です。透明感には劣りますが、金属の強度とセラミックの美しさを兼ね備えています。ただし、金属アレルギーの方にはおすすめできません。

ファイバーコア

グラスファイバーを素材にしてつくられた被せ物の土台です。しなやかさを持つため、金属コアのように歯根を傷めることがありません。また被せ物の透明感を損なわない点もメリットです。

治療した歯を長持ちさせるには

一度、虫歯治療を経験した方は、再度治療になることは避けたいと思うことでしょう。また、被せ物を行う場合に「銀歯は嫌だなぁ」と思った方なら、「入れ歯になりたくない」という感情もお持ちのことと思います。

再発リスクを防ぐには、歯も歯ぐきも健康に保ち続けるほかありません。そのためには、定期的な歯科医院での口腔ケアと毎日のセルフケアが重要です。繰り返しになりますが、被せ物などを行うと、治療前に比べて虫歯や歯周病になりやすいといわてれいます。被せたクラウンと歯の継ぎ目は、汚れがたまりやすく最も虫歯になりやすい箇所となります。これまで以上に丁寧に歯を磨いてほしいと思います。

歯科医院で行うメンテナンス

「毎日丁寧に歯を磨いていれば大丈夫」と思う方もいらっしゃると思いますが、皆様の歯を守るためには、歯科医院での定期的なチェック(メンテナンス)も重要です。加齢などによって、歯ぐきの状態は変化します。歯ぐきが下がり、その部分から虫歯になることもあります。

虫歯も歯周病も、ごく初期の段階であれば、軽い処置で済みますが、症状が悪化していれば、被せた歯を取り外したり、別の歯を削ったりする必要がでてきます。一度進行した虫歯は、元に戻すことはできません。毎日のセルフケアと、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けながら、お口の健康維持にと努めてほしいと思っております。